celux lover weddingの宝石を鑑定する日本ジェムテスティングセンターとは?


現在、人工的に宝石を作る技術は本物に迫る精巧さを可能とし、
人工と天然の宝石の差がなくなりつつあります。
ただし、いまだ1カラットを超える
人工ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)は造れないとされています。
実際には作るだけなら可能かもしれませんが、
進入した光の反射具合が粗悪なものしか出来ないのかもしれません。
ただし、逆に言えば、小さいものなら造ることは可能ということです。
それゆえ、人工と天然の境界を明確にする『鑑別書』の存在、
そして、ダイヤモンドの価値(大きさ・無色度・不純物内包度・
カット方法)を証明する『鑑定書』の存在は欠かせないのです。

日本には数多くの宝石の鑑定機関が存在しており、
celux lover weddingの宝石は
日本ジェムテスティングセンターが鑑定しています。
日本の宝石の鑑定機関で最も有名なのは『中央宝石研究所』だと思いますが、
日本ジェムテスティングセンターも中々有名な鑑定機関だと言えます。
ちなみに、どちらも宝石鑑別団体協議会(A.G.L)の会員です。
日本ジェムテスティングセンターは
米国宝石学会(G.I.A)システムに基づいて、ダブルチェックを行っており、
その厳正さ、中立さは日本でトップクラスとされています。
また、日本ジェムテスティングセンターは信頼ある会社とのみしか契約せず、
現在は大手デパートに卸す宝石しか鑑定鑑別していないと言います。
にも関わらず、celux lover weddingの宝石を鑑定鑑別してくれるのは、
celux lover weddingの取引先の海外のサイトホルダーが
日本ジェムテスティングセンターに認められているからなのです。

日本で最も厳正で中立な鑑定鑑別期間に保証されているからこそ、
celux lover weddingの宝石は本物としての価値を誇るのです。